突発性難聴には鍼灸治療が有効です

突発性難聴の治療

ある日「突然」に「片方の耳」が「聞こえなくなる」 突発性難聴にお悩みでしょうか。

突発性難聴は発症してから1時間、1日と経過するにつれ治り難くなる病気です。そのため、患者さん一人ひとりと向き合い、二人三脚でそれぞれの原因を追究、治療をしていきます。共に突発性難聴を克服していきましょう。

当院では、日本耳鼻咽喉科学会をはじめ、各種学会に参加し、そこで得たものを治療の現場に反映しております。

突発性難聴とは

突発性難聴とは、特別なきっかけもなく、

ある日「突然」に「片方の耳」が「聞こえなくなる」病気です。

医学が発達した現在でも原因がはっきりせず、これといった確実な治療法のない難病とされています。

発症するタイミングとしては朝起きたとき、または電話中などに突然聞こえなくなります。また、聞こえなくなる前に耳鳴りが気になる人もいます。

聞こえなくなってからはフラフラやグルグルといった「めまい」や、補充現象と呼ばれる自分の声が反響するような症状や聞き間違いも現れます。

突発性難聴の原因

突発性難聴は、急激に発症する感音性難聴のうち原因不明のものを指します。

発症の原因は、音を感じ取って脳に伝える役割をしている有毛細胞が、なんらかの原因で傷つき、壊れてしまうことで起こります。

一般的に有力とされている説としては、おたふくかぜ(ムンプス難聴)や「はしか」、インフルエンザ等のウイルス感染後に高度難聴を引き起こすことからウイルス説が考えられています。

また、もう一つの説としてストレスや過労、睡眠不足、糖尿病が影響して内耳血管の出血や血栓、塞栓、圧変化、内耳リンパ浮腫などによる内耳循環障害が起こる説というものもあります。

遺伝性は無いとされていますが、似たような体質や性格を持つ家族が同じ環境で生活することにより家族で突発性難聴を発症することはあります。
・・・厚生労働省

突発性難聴の症状

耳鳴り

難聴を発症したとき、最もあらわれやすい症状が耳鳴りです。
耳鳴りは人によって「キーン」、「ピー」という金属音のような高音で聞こえたり、「ジー」というセミの鳴くような音や「ザー」というノイズのような低い音で聞こえたりします。特に、ジー、ザーの音は要注意です。

一方、キーンなど金属音の耳鳴りは耳や頭頸部の血行不良性耳鳴となります。そのため、このような耳鳴りがあらわれた後に突発性難聴を発症するケースも少なくありません。

耳鳴りの症状は難聴を発症する際の初期症状や後遺症としてもしばしばあらわれます。
治りにくく、一生仲良く付き合って慣れるほか治療の手立てがないと言われる事も多いのですが、鍼灸治療なら回復する可能性があります。

めまい

難聴の症状でもう一つ忘れてはならないのが「めまい」です。
耳の奥には空気の振動を電気信号に変換して脳に伝える蝸牛(かぎゅう)と平衡感覚を司る三半規管が並んでいますが、難聴になると蝸牛やその周辺の圧力が変化するため、同時期に平衡感覚にも支障が出ることがあります。

めまいを訴える患者さんの多くに「フラフラする」といった症状が現れますが、それがひどくなると「グルグル回る」といったような症状を訴えるようになります。
めまいは薬では治りにくいものですが、これも鍼灸治療が得意とする分野です。

難聴患者さんの声を聞いていると、「耳が聞こえないことよりも、めまいを何とかして欲しい!」と訴える方が少なくありません。

感音性難聴

感音性難聴とは、耳にある鼓膜や中耳炎という病名にもなっている中耳(ちゅうじ)と呼ばれる部分よりも内側の内耳障害に起因して聞こえなくなるものをいいます。

音は空気が振動し、耳の穴を通り鼓膜へぶつかってその振動が蝸牛(かぎゅう)と呼ばれる器官まで伝わります。蝸牛で空気の振動が電気信号に変換され、その電気信号が神経を介して脳へ伝えられてはじめて音として認識されます。
この音の伝達過程の中で蝸牛より外側が障害され引き起こされる難聴を伝音性難聴、内側が障害され引き起こされた難聴を感音性難聴とそれぞれ呼んでいます。

感音性難聴の症状としては、難聴のほかに蝸牛の障害として、音が過剰に聞こえてしまう補充現象や、高音部分の聴力低下に伴う聞き間違いといった症状が出てきます。

一般的に感音性難聴を発症した場合、構造的な問題から伝音性難聴よりも症状は強く、回復しにくい傾向にあります。突発性難聴メニエール病ムンプス難聴ハント症候群などがこの難聴に分類されます。

急性低音障害型感音難聴

低音障害型難聴

急性低音障害型感音難聴とは、ある日「突然」に「片方の耳」の「低音域だけが聞こえなくなる」 病気です。

発症は、ストレスや疲労、インフルエンザなどの感染症をきっかけに内耳の血液循環に影響をきたすことで内耳のリンパ液が貯留するためと考えられています。この病気は再発しやすいため、再発を繰り返していくうちに激しいめまいを伴うメニエール病に移行する例も少なくありません。

人は20Hz〜20,000Hz程度の音域が聞き分け可能であるとされていますが、低音難聴にかかると、通常聞き取れるはずの音域の中で最も低い500Hz以下の低音域が聞き取れなくなる傾向にあります。

会話に重要な音の高さは500Hz〜2,000Hzとされていますが、500Hz以下の音域に聴力低下が起こると声がこもって聞こえたり、全体的に聞き取りにくくなるといった症状が現れます。
また、逆に500Hz以上の音が聞こえなくなると言葉を歯切れよく聴くために重要な「子音成分」が聞き取れなくなるため、聞き間違いを起こしやすくなります。

急性低音障害型感音難聴は、一般的な突発性難聴と比べ治りやすいですが、症状が長引いたり再発を繰り返す傾向にありますので注意が必要です。また、再発するたびに治りにくく、重症化しやすいのでしっかり治療する必要があるといえます。

子供の難聴

子供は身体的に成長段階であり、その構造上の問題から難聴を引き起こしやすい状態にあります。

子供が難聴を発症する原因はさまざまです。しかし、剛鍼灸院グループで難聴の治療をおこなっているお子さんのほとんどが中耳炎による難聴、はしかやおたふく風邪、インフルエンザの後に発症した難聴、あるいは原因不明の難聴(突発性難聴)のいずれかです。

中耳炎が原因の難聴

子供の耳は成長途中のため大人と比較してつくりが小さく、同時に耳管と呼ばれる耳と鼻を連絡している通路の傾きが穏やかです。そのため、くしゃみや咳、鼻をかんだとき、あるいは水泳中に鼻水や水が耳に侵入しやすく、中耳炎を発症しやすいのです。

ムンプス難聴

最も回復が難しいとされる難聴の一つがムンプス難聴です。
ムンプスとはおたふく風邪の原因となるムンプスウイルスのことです。この病気にかかると顔、特に耳の下がおたふくのように腫れ上がり高熱がでます。

特に3〜9歳に発症しやすく、症状の一つとして難聴が現れることがあります。高度難聴、そして子供が聞こえなくなったことに気づかず発見が遅くなることから回復が難しいとされています。

原因不明の難聴(突発性難聴など)

子供で突発性難聴と診断される場合は、成長段階において耳に関係する器官の一部が循環障害を起こしたときに発症します。原因不明といわれていますが、大きな要因のひとつとしてストレスがあります。
感受性豊かな子供は引越しやクラス替え、席替えなど環境の変化が精神的なストレスとなり難聴が発症することも少なくありません。また、過剰な運動から内耳の循環障害を起こす場合もあります。

難聴の治療実績

近年、西洋医学の分野では有効な治療法が確立されておらず、最終的には鼓膜内のステロイド注射が最高の治療となっています。しかし、これにも限界があり、悪化することはあっても回復できない患者さんの声もよく耳にします。

突発性難聴の治療

一方、東洋医学をベースとする鍼灸治療では、西洋医学的な所見やご持参いただいた聴力検査の結果を参考にしながらも、主となる耳の症状だけにアプローチするのではなく、難聴が発症した原因が「身体のどこにあるのか」を追求します。

そして、その原因を踏まえたうえで全身の関連器官の血流改善治療や、経絡に関係する中医学的診断をもとに治療をおこなうため、病院で「治らない」とサジを投げられてしまった患者さんでも、鍼灸治療で聴力が回復することは決して珍しくないのです。

年代別治療前後の聴力変化

実際に当院で鍼灸治療を受けた患者さんの治療経過をランダムにご紹介します。

子供の原因不明難聴

■4歳男性
発症年月日:2019年2月
初診日:2019年12月
治療前検査日:2019年8月
治療中検査日:2019年12月
治療中検査日:2020年2月
備考:原因不明の難聴
   ABRスケールアウト

子供の突発性難聴、ムンプス難聴

■5歳女性
発症年月日:2009年7月
初診日:2009年9月
治療前検査日:2009年8月
治療中検査日:2009年12月
治療中検査日:2010年4月
備考:ムンプス難聴

急性低音障害型感音難聴

■10代男性
発症年月日:2021年4月
初診日:2021年5月
治療前検査日:2021年4月
治療中検査日:2021年6月
備考:急性低音障害型感音難聴

突発性難聴

■20歳男性
発症年月日:2017年2月
初診日:2017年3月
治療前検査日:2016年3月
治療中検査日:2016年3月
備考:突発性難聴

突発性難聴・メニエール病

■30代女性
発症年月日:2019年12月
初診日:2020年2月
治療前検査表:2020年1月
治療前検査表:2020年2月
治療中検査表:2020年2月
備考:突発性難聴

突発性難聴

■40代女性
発症年月日:2019年2月
初診日:2019年5月
治療前検査日:2019年4月
治療中検査日:2019年8月
備考:突発性難聴、幼少期に中耳炎、
5年前に右の突発性難聴も経験

メニエール病

■40代男性
発症年月日:2013年2月
初診日:2020年9月
治療前検査日:2020年9月
治療中検査日:2021年1月
備考:7年前のメニエール病

突発性難聴

■50代女性
発症年月日:2020年12月
治療前検査日:2020年12月
治療前検査日:2020年12月
初診日:2020年12月
治療中検査日:2021年01月
備考:突発性難聴
ステロイド点滴後変化無し

活動実績

メディア掲載

主に学会雑誌に掲載された突発性難聴の治療法や鍼灸関連の取材です。

鍼灸ジャーナル突発性難聴
鍼灸ジャーナル:突発性難聴
鍼灸ジャーナル突発性難聴

突発性難聴治療セミナー

全国で突発性難聴の治療セミナーもおこなっています

突発性難聴に対する鍼灸治療セミナー
突発性難聴に対する鍼灸治療セミナー
突発性難聴に対する鍼灸治療セミナー

参加学会

こんな症状は赤信号! 一日でも早く治療をおこないましょう

突発性難聴専門外来
  • 急に聞こえなくなった
  • ステロイド点滴で変化がない
  • 鼓膜内ステロイドで変化なし
  • 高圧酸素療法でも変わらない

突発性難聴の治療は、発症から1日でも早いほうが回復する可能性も高くなります。ステロイド点滴など、病院での治療と並行して鍼灸治療することも可能です。

また、鍼灸治療の場合、発症から3ヶ月以上経過しても治療可能となります。お気軽にご相談ください。