顔面神経麻痺専門外来

顔面神経麻痺の治療

顔面神経麻痺に対する鍼灸治療

顔面神経麻痺とは、顔の表情をつくる筋肉が動かなくなってしまう病気で、今まで、そのほとんどが原因不明とされてきました。しかし2011年、顔面神経麻痺 診療の手引というガイドラインが作成されるようになり、原因やそのメカニズムが解明されてきています。

当院では、顔面神経麻痺に対する正しい知識を習得し、最新の情報を取得するため、日本顔面神経学会等に参加し、そこで得た最新の知識と技術を治療現場にフィードバックしております。

顔面神経麻痺リハビリテーション技術講習会修了証

顔面神経麻痺になってしまったら、特に妊娠中や授乳中、別の病気で闘病中のためにステロイドを使用できない状況の顔面神経麻痺はすぐにご相談下さい。

顔面神経麻痺とは

顔面神経麻痺とは、顔の筋肉を動かす神経である顔面神経が急に機能しなくなり、あるいは徐々に機能しなくなり、目が閉じられなくなったり、口元が垂れ下がったり、お茶を飲んでも口元からこぼれたり、自分の顔が歪んでいるように見える病気です。

顔面神経麻痺を引き起こす原因となる病気のうち、約70%は、ベル麻痺とハント症候群と呼ばれる病気です。その他、真珠腫性中耳炎やその手術による顔面神経の損傷、糖尿病や膠原病の症状としてあらわれることもあります。

ベル麻痺は、30代、50代に多く、ハント症候群は20代、50代に多い傾向にあります。小児においては男児より女児に多い傾向にあります。また、妊娠中、特に妊娠後期においてベル麻痺が生じやすいといわれています。
そして、出産後、1年は出産による体力の消耗、抵抗力の低下から顔面神経麻痺や突発性難聴などの病気、症状が現れやすいので注意が必要となります。

麻痺の検査とその評価

顔面神経麻痺の検査では、40点法(柳原法)を中心に、House-Brackmann法Sunnybrook法など、顔面運動の評価法によっておこなわれますが、麻痺の重症度と予後は必ずしも一致しないことがあり、完全麻痺の状態のなかにも予後良好の患者さんもいますので予後診断が必要となります。

現在、世界的に用いられている評価法として、顔面各部位の動きを評価し、その合計で麻痺程度を評価する部位別評価法の柳原法と、顔面全体を概括的にとらえて評価する方法のHouse-Brackmann法があります。
もともと、柳原法はベル麻痺とハント症候群の麻痺を評価するために作成された評価法で、House-Brackmann法は、聴神経腫瘍手術後の麻痺を評価するために考案された評価法です。これら以外の評価法として、後遺症の評価に重点をおいたのがSunnybrook法です。

40点法(柳原法)

40点法とは、顔面神経麻痺の症状が現れるベル麻痺とハント症候群の麻痺を評価する目的で作成された評価法で、顔面各部位の動きを評価し、その合計で麻痺程度を評価する方法です。

評価は、安静時の左右対称性と、9項目の表情運動を4点(ほぼ正常)、2点(部分麻痺)、0点(高度麻痺)の3段階で評価し、40点満点で10点以上を不全麻痺、8点以下を完全麻痺と定義しています。
あるいは、20点以上を軽症、18〜10点を中等度、8点以下を重症としています。

表情運動とは、額のしわ寄せ、軽い閉眼、強い閉眼、片目つぶり、鼻翼を動かす、頬を膨らます、イーと歯を見せる、口笛、口をへの字にまげる の動作のことです。

誘発筋電図(ENoG)

顔面神経麻痺において、神経変性の程度を把握する検査では、検査法の簡便性、検査時間の長さ、予後早期診断法としての正確性から表面電極による記録を用いた誘発筋電図(ENoG)が,最も正確な検査法として用いられています。
しかし、神経変性は障害部位から末梢に進むために、発症早期には神経変性を正確に診断することはできません。
ベル麻痺とハント症候群の場合、障害部位は膝神経節ですが、電気刺激が可能な茎乳突孔より末梢において神経変性が完成するには7日〜10日を要するので、この期間には正確な予後診断はできず、それ以降の時期に検査が必要となります。

以上の検査法を利用して、顔面神経麻痺の病態を把握する基準は以下の通りです。

ENoG値 ≧ 40% {または40点法で発症2週間で20/40 点以上}
は軽症、発症1週間は著名な回復は起こらないが、4〜6週間で治癒し後遺症は残らない。

40% > ENoG値 > 10% {または40点法で発症8週間で18〜10/40 点}
は中等度、軸索断裂再生繊維
1日1mmのスピードで再生し、表情筋に達する3ヶ月ほどで麻痺はある程度回復します。しかし、神経断裂繊維が表情筋に到達しはじめる4ヶ月以降に少し後遺症が出現してきます。

ENoG値 < 10% {または40点法で発症8週間で8/40 点以下}
は重症例、再生繊維が表情筋に到達する3〜4ヶ月以降に回復が始まると同時に病的共同運動や顔面拘縮など、機能異常あるいは後遺症も出現してしまいます。

ベル麻痺やハント症候群では、膝神経節病変の変性が起こるのとほぼ同時に神経再生も起こり始めます。
ENoG値 < 40% では、神経断裂繊維を含んでいることから迷入再生が起こります。再生繊維が表情筋に到達し始めるのは3〜4ヶ月ですが、すでにこの間に迷入再生は進行しています。この時、神経再生を促進させていいのは脱髄と軸索断裂繊維です。神経断裂繊維の再生を促進することは4ヶ月後に後遺症である病的共同運動と拘縮を形成することになるため、少なくとも発症から3ヶ月間は表情筋の協力で粗大な収縮(強力な随意運動や神経筋電気刺激)を避ける必要があります。

鍼灸院における鍼灸治療においても同様のことが言えます。そのため当院では、患者さんには無理にご自身で筋肉を動かすことを控えるよう指導しています。そして、神経筋電気刺激に相当する顔面部に対する低周波治療や鍼通電治療はおこなっていません

しかし、これら禁止行為に該当しない鍼灸治療は、自分で正しい方向に治療するための力(自然治癒力)を促進することができ、顔面神経麻痺の障害部位を選択して治療することができるため、回復の可能性は高まります。
また、上記にご紹介した検査方法の評価では、細かな部分の状態が把握できません。麻痺から回復している患者さんほど、「ここのこの動きが」など、細かな動きの支障が気になってしまいます。鍼灸治療では、このような細かな部分的麻痺に対しても丁寧に対応しています。

顔面神経麻痺の後遺症

顔面神経麻痺の後遺症には、
病的共同運動、②顔面の拘縮、③ケイレン、④ワニの涙、⑤アブミ骨筋性耳鳴り
などがあり、麻痺発症4ヶ月頃から発症することが多いです。

①病的共同運動

顔面神経麻痺:病的共同運動

病的共同運動とは、後遺症の中で最も多くみられる症状で、会話や食事中に口の動きと同時にまぶたが閉じる方向に動いてしまう、またはその逆に、目を閉じようとしたときに口元が一緒に動いてしまう現象です。これは、神経再生時に、隣接する神経線維が誤ってつながること(迷入再生)により過誤支配が起こるからです。

②顔面の拘縮

顔面神経麻痺:後遺症のけいれん

拘縮とは、顔のこわばりのことです。後遺症として麻痺が残っているだけでなく、筋肉が固くなって余計に動かしにくくなります。
拘縮は、病的共同運動同様、迷入再生による過誤支配により、拮抗筋同士の収縮が考えられます。

③ケイレン

ケイレンは、自分の意志と関係なく、眉毛や、口元のあたりなどが勝手にピクピクと動いてしまうことです。ケイレンは、再生線維の髄鞘形成が不十分であるために絶縁を失った神経線維間でショートしてしまうエファプス(非シナプス結合)が起こり、刺激が隣接する複数の軸索に伝達されるからです。

④ワニの涙

ワニの涙は、顔面神経麻痺により、食事中、涙が出てしまう現象で、表情筋運動線維と、涙を出すための分泌副交感神経線維が神経伝達の方向を誤ってしまうために起こります(迷入再生による過誤支配)。

⑤アブミ骨筋性耳鳴り

アブミ骨筋性耳鳴りは顔面の表情筋の動きに伴い、不快な耳鳴りが生じる現象です。
これは、表情筋支配の運動線維と、アブミ骨筋神経線維の過誤支配によるものです。

顔面神経麻痺の治療

ここでは、主に末梢性顔面神経麻痺であるベル麻痺とハント症候群についての治療法をご紹介します。

抗ウイルス薬

ベル麻痺とハント症候群は、どちらもウイルスの再活性によるものであり、HSV-1(単純ヘルペスウイルス1型)、VZV(水痘帯状疱疹ウイルス)、ともにウイルスの増殖を抑えるため、抗ウイルス薬を使用しています。

ステロイド

顔面神経麻痺は、顔面神経管の中で膝神経節が炎症性神経浮腫、絞扼、虚血を起こしているため、これらの症状を軽減するステロイドを使用します。

急性期の治療目的は、どちらの疾患も神経の再生を促進させることではなく、変性を防止すること、そのために、一刻も早く、側頭骨骨管内(顔面神経管内)で起こっている炎症、浮腫を改善させなければなりません。

表情筋伸張マッサージ

表情筋伸張マッサージとは、神経断裂線維の再生過程で、迷入再生を促進させてしまう強力で粗大な随意運動や低周波療法のかわりとして表情筋線維に対し水平に伸張する手技です。少しコツがありますので顔面神経麻痺専門の指導が必要です。

※当院は、日本顔面神経学会、顔面神経麻痺リハビリテーション技術講習会に参加して適切なマッサージを指導することができます。

ボツリヌス毒素

「しわ」や「わきが」など美容業界でもよく使用されるボトックス注射、この注射をおこなうことで、顔面神経麻痺の後遺症である顔面拘縮や病的共同運動を軽減させる働きがあります。この注射をするタイミングは、顔面拘縮や病的共同運動が完成する発症から8〜10ヶ月以降、ある程度筋力強化をした後になりますので、発症から1年以上後におこなうことがあります。

顔面神経減荷術

顔面神経減荷術は、高度麻痺で薬物療法の効果が見られない時に手術治療を検討します。

顔面神経減荷術は、炎症によって腫れて骨の中で締めつけられ血流も悪くなった顔面神経を、主に神経周囲の骨を削ることで圧迫から開放して血流の改善を図り、神経の変性をくいとめて顔面神経麻痺を治療します。

顔面神経麻痺のガイドラインでは

発症1週間以降2週間以内の高度麻痺で40点法で8点以下、ENoG値で10%以下、内科的治療が無効であると判断された場合
 ※顔面神経麻痺診療の手引

とされています。

発症後2か月以上経過してしまった場合は神経が変性してしまうため、手術の適応にはなりません

ただ、手術をおこなったからといって完治するわけでもありません。当院には、顔面神経麻痺やまぶたのけいれんなどのために減荷術をおこない、その後顔のこわばりや病的共同運動など後遺症でお悩みの患者さんが来院されます。もともと評価が低く、少なからず神経断裂をおこしているので、後遺症があらわれてもおかしくありません。

鍼灸治療

顔面神経麻痺に対する鍼灸治療

当院でおこなう、顔面神経麻痺に対する鍼灸治療は、発病してすぐの急性期から、数か月〜数年経過した状態でも治療対応可能です。

当院の専門的な治療は、最新の顔面神経麻痺ガイドラインに沿って行うため、損傷した表情筋、顔面神経に対して、低周波はおこなわず、髪の毛より細い使い捨ての鍼で優しく、より効果的に治療することができます。

麻痺に対する局所的な治療では、様々な検査結果を基準にしておこないますが、現在使用している、40点法やSunnybrook法の評価では細かく診断できません。そのため、当院では患者さんが普段の生活で気になる時の状態を聞き、治療前毎に確認しながらさらに細かく40点法を0.5点単位で評価し、治療部位を変えながらおこなうこともあります。

参加学会